オリオン座の撮影にトライ

皆さん、こんにちは(こんばんは)、「大-はなまる」です。

いつもブログを読んで(見て)頂きありがとうございます。

今回もカメラの話題一色です(^^)

no0423

レンズ交換式のカメラを買えば、当然のように起こる衝動!!

それが「新しいレンズ欲しす!

なのですが、最近、レンズ欲の方は沈静化してまいりました。

どうも私は、レンズよりも、カメラを入れるためのバッグや、ストラップなどの周辺グッズが好きみたい(^^)

でもね、欲しいレンズが無い訳ではなく、

神レンズと呼ばれる「Panasonic LUMIX G 20mm/F1.7 II ASPH H-H020A-K」や 神レンズと別に呼ばれていない「Panasonic LUMIX G 14mm/F2.5 ASPH. H-H014」などが欲しかったりします。やっぱりミラーレス一眼はコンパクトにまとめたい。パンケーキタイプの小さなレンズは理想的です(^^)

会社で最近、「広角側のレンズが欲しいんですよねー」と漏らしていると、同僚の方からオリンパスの3本のレンズをお借りすることになりました(^^)

私が所有しているミラーレス一眼は「パナソニック」製なので、オリンパスと同じ規格のマイクロフォーサーズです。

20161125_205802

写真の奥(長いの)が、「14-54mmズーム」、左が「9mm/f8.0 FISHEYE」、右が「15mm/f8.0」このぺったんこなレンズは、ボディキャップ兼用レンズとして発売されているみたいです。

今回は主に「9mm/f8.0 FISHEYE」重点的に使ってみようかなと写真を撮りました。

下の写真は、「Nikon D5500 + 18-55mm」の「18mm」で撮ったいつもの場所の2本の木(だいぶんと葉が散って寂しくなってきました(^^))

20161126_081246

次の写真が「9mm/f8.0 FISHEYE」で撮ったものです。結構広い画角ですね、公園のフェンスなども湾曲していますね(^^)

20161126_081706

次の写真も広くは写っていますが、それほど「FISHEYE=魚眼」って感じはしませんね。

20161126_082004

レンズが9mmということもあって、かなり広く取れますね、私の左腕の袖まで入ってしまいました(^^)

20161126_082034

おおよそ、ベンチ付近に焦点を合わせて撮ったのですが、滑り台やその向こうの空まで写っています。

20161126_082056

今回初の魚眼だったので、面白い撮り方がよくわかりませんでした。私には広く写っているだけで十分でしたが(^^)

いろいろとカメラ周辺アクセサリーが揃ってきたら、単焦点レンズを買おうと思っています。頑張って「神レンズ」買おうかな(^^)

さて、少し趣を変えて、

いつも、夕焼けばかり撮っているので、今日は「朝焼け」を撮りました。

20161126_064526

ちょうど、近鉄特急もやってきたので、一緒にパチッとな。

逆光になるので、車両が暗いですね。

20161126_064534

それから、夕方に、私のカメラの機能にある「夕焼けを綺麗に撮る」ことができる2つのモードで撮ってみました。

気持ち、オレンジ色が強く出ているかな。

20161122_162424

もう一枚は、夕焼けを幻想的に撮るってモードですって(^^)

20161122_162442

同僚の方からレンズを借りる時、「魚眼で夜空を1分露光したら幸せになれるよ」とおっしゃっていたので、初トライ。

ちょうど今、「オリオン座」撮りやすい位置に来ているので、それを狙いました。オリオン座はちょっと外れたかな。それより建物が入りすぎ(^^)、さすが魚眼。

20161126_002310

2枚目で、なんとか真ん中左寄りにオリオン座を捉えました。

20161126_002728

寒かったので、これで、部屋に戻ったのですが、イマイチな感じが拭い切れず、カメラを変えて、標準ズームの18mmで撮り直しました。なんとかオリオン座を写真に収めることができました(^^)。ブログの小さな写真では、私の感動が伝わりきらないかもしれませんが、まずまずいい感じに撮れております。

20161126_020834

同僚の言われていた「幸せになれる1分露光」は、魚眼で広範囲の星空を捉えることだと思うのですが、今回はこの狭い範囲の星空でよしとしておきます(^^)

今度は、また、建物や照明が邪魔をしないところで、満天の星空を写真に収めてみたいと思います(^^)

では、また。

 

↓↓ブログランキングに参加しております、
もしよろしければ、以下のバナーをクリックして下さると嬉しいです(^^)


人気ブログランキング

※本コンテンツはフィクションであり、実在の製品・団体・人物・地名とは関係ありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました