刻みたばこ(煙管・キセル)はじめました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、こんにちは(こんばんは)、「大-はなまる」です。

度重なるタバコ代の値上げに、さすがについていけなくなり、自宅で吸うタバコを「刻みたばこ」にしました。

写真は、国産の「小粋」と、ドイツ産(輸入元は、㈱柘製作所)です。

私の好みとしては、こちらの「宝船」になります。コスパもコチラのほうがいいです。葉が小粋よりも太く、カールしたような形状で、キセルに詰めやすいと感じました。小粋はパサパサしていますね。

「刻みたばこ」、「キセル(煙管)」と、普段の「紙巻たばこ」と違い、馴染みが薄いものですが、実際、吸ってみると案外いけました。キセルは試しに2本買ってみました。

Apple iPhone 8 (3.99mm, f/1.8, 1/16 sec, ISO50)

使いやすいのは、一番下の「黒船煙管」でした。一度にタバコ葉をたくさん詰められるので、楽です。

何回か吸うと、タバコの葉がキセルに詰まって吸えなくなるので、掃除をしないといけないですが😁

わたしは、洗面所まで移動して掃除するのが面倒で、エタノールでキセルの中を掃除しています。これと、ウェットティッシュ。それから、大きめのクリップの巻を伸ばして、針金状にして、キセルの中をつついています😁このエタノールは「無水エタノール」よりエタノール含有量が少ないですが、キセルの掃除くらいなら十分です。

それから、「刻みたばこ」に適度な湿度調整をすると、美味しく、ボールを作りやすくなります。湿度が低いと「苦く」なるようです。

わたしは、タッパ(ジップロック)にタバコ、湿度調整をいれて保管しています。すぐに葉に湿気がいかないので、1日ぐらいおいておく感じです。

Apple iPhone 8 (3.99mm, f/1.8, 1/18 sec, ISO40)

通販で「タバコ」が買えるので、タスポも要りませんが、購入当初「身分証明書」の提出がいりました。

実際のところ、タバコ代はかなり安くなりました。3分の1ぐらいでしょうか。しかし、キセルを外出先で吸う勇気がなくて、外出用に「紙巻たばこ」を買っています。それでも、かなりの節約になりました。

キセルもたくさん売られているので、長さや、部材、デザインが色々と選べます。わたしは、エタノールでキセルの中を掃除したいので、「竹」が使われているものではなく、全て金属(真鍮)のものにしています。

では、また。

※本サイトの漫画やイラストはフィクションであり、実在の製品・団体・人物・地名とは関係ありません。
※本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っておりますが、その内容について保証するものではありません。
※本サイトの使用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。