シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Raspberry Pi 3 に OS をインストール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆様、こんにちは(こんばんは)、「大-はなまる」です。

先日「Raspberry Pi 3 Model B」を購入しましたので、今回は「RASPBIAN」OS(オペレーティング・システム)のインストールをおこなって行きたいと思います。

Apple iPhone SE (4.15mm, f/2.2, 1/20 sec, ISO200)

前回の記事で「Raspberry Pi 3 Model 3」の購入を済ませております。

「Raspberry Pi 3 Model B」が届いたよ。
皆様、こんにちは(こんばんは)、「大-はなまる」です。 自宅にNAS(Network Attached Storage)が欲しいなーと前から思っていたのですが、一度、バッ○ァロー社のNASで、あまり良い印象を持っていなかったので、折角なら...

それ以外には、電源やmicroSDカード等購入しておりますが、あとは有り合わせのもので対応しました。ちなみに電源とmicroSDカードはこれを購入しました。

今回用意したもの

  • Raspberry Pi 本体(Raspberry Pi 3 Model B)
  • 電源(5V 3A)+ USBケーブル
  • microSDカード(16GB)
  • HDMIケーブル
  • ディスプレイ(HDMI接続ができるもの)
  • USBキーボード
  • USBマウス
  • 作業用PC(私はMac OS X Capitanで作業しました)

RASPBIAN(OS)のダウンロード

以下のサイトで「RASPBIAN(OS)」をダウンロードすることができます。

Download free software for the Raspberry Pi, including NOOBS, Raspbian, and third party operating system images. Beginners should start with NOOBS.

「NOOBS」と「RASPBIAN」がありますが、今回は「RASPBIAN」を選択しました。

「RASPBIAN JESSIE WITH PIXEL」の「Download ZIP」をクリック

ダウンロードファイルのサイズが約1.5GBありますので、ダウンロードしながら少し休憩(^ ^)

ダウンロードされたファイルは以下のようなものになりました。

2017-04-10-raspbian-jessie.zip

ZIPファイルの展開(解凍)

ZIPファイルをダブルクリックすれば、以下のファイルが展開されます。

2017-04-10-raspbian-jessie.img

microSDカードのフォーマット

アプリケーション>ユーティリティ> から「ディスクユーティリティ」を起動し、上部ボタン「消去」でフォーマットが可能です。フォーマットはMS-DOS(FAT)を選択。

microSDカードへRASPBIAN(OS)イメージをコピー

microSDカードがマウントされている状態で、以下コマンドでマウント先が確認できます。

$ diskutil list
$ diskutil list
/dev/disk0 (internal, physical):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                        *256.1 GB   disk0
   1:                        EFI EFI                     209.7 MB   disk0s1
   2:                  Apple_HFS MacOS                   255.2 GB   disk0s2
   3:                 Apple_Boot Recovery HD             650.0 MB   disk0s3
/dev/disk1 (external, physical):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:     FDisk_partition_scheme                        *15.5 GB    disk1
   1:                 DOS_FAT_32 RASPBERRY 3             15.5 GB    disk1s1

私の環境ですと「disk1」になるようです。

ここで、microSDカードをアンマウントします。

MacのFinderで接続を切ってしまうと以降の「dd」コマンドでエラーになってしまいましたので、以下のコマンドでアンマウントしております。

$ diskutil unmountDisk /dev/disk1

以下のコマンドでRASPBIAN OSイメージをmicroSDカードへコピー

$ sudo dd bs=1m if=2017-04-10-raspbian-jessie.img of=/dev/rdisk1

このイメージコピー約4GBあり、多少時間がかかりますので、また休憩(^ ^)。7分程でした。

RASPBIAN(OS)の起動

イメージコピー済みのmicroSDカードをRaspberry Pi 本体に挿入します。この際、キーボードやマウス、HDMIケーブル等は電源を入れる前に挿しておきます。無事、起動できれば以下の写真のような画面が表示されます(^ ^)b

Apple iPhone SE (4.15mm, f/2.2, 1/30 sec, ISO100)

お疲れ様でした。私も無事、Raspberry Pi に RASPBIAN(OS)のインストールができ、一安心であります(^ ^)。終了はコマンド等を入力しなくても、画面左上のRaspberry Pi アイコン>Shutdown を選べば、シャットダウンできます。

Raspberry Pi 3 Model B には「Wi-Fiアンテナ」や「Blutooth」も装備されていますので、ネットワークには無線で繋げますね。

次回は、Wi-Fi接続部分と後々、ディスプレイ無しの状態で使用しようと考えておりますので、SSHの設定をしようと考えております。GUIがあるので、出来るだけグラフィカルな操作だけで済ませられれば楽かな(^ ^)。

当初の予定どおり、ファイルサーバー(NAS)+ Raidケースの組み合わせで運用したいと思っておりますが、Raidケースと内蔵するHDDの購入がまだなので、少し先になりそうです。

無事、次回作業ができることを祈りつつ、この記事が皆様のお役に立てれば幸いです(^ ^)

では、また。​

↓↓ブログランキングに参加しております、
もしよろしければ、以下のバナーをクリックして下さると嬉しいです(^^)


人気ブログランキング