TAMRON 35-70mm F3.5-4.5 CF MACRO BBAR MC ADAPTALL 2 09A

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

少しづつ寒さも和らぎ、やっと活動的になってきた「大-はなまる」です。

いつもブログを見て頂きありがとうございます。

本日は、MINOLTAマウントのオールドレンズ「TAMRON 35-70mm F3.5-4.5 CF MACRO BBAR MC ADAPTALL 2 09A」を持って、近所を散歩してまいりました。

以前の記事で紹介したことのあるレンズです。

私のカメラ機材たち
だんだんと、カメラとレンズが増えてまいりました。 この辺りで、一旦、増えることもないだろうと思い、今回は機材紹介の記事にしようかなと思います。 でも、コレクターではありません(^^)、コレクターさんなら、こんなもんじゃないでしょう。 ...

写真は、「Fotga MD-M4/3 アダプターリング」と「TAMRON 35-70mm F3.5-4.5 CF MACRO BBAR MC ADAPTALL 2 09A」です。

このアダプターリングは「MINOLTA」の「MD、MC マウント」のレンズをマイクロフォーザーズ機に付けるためのアダプターです。価格も1000円前後とお安く、お試しに買ってみるのにもってこいです。使用感としましては、少しガタツキがあります。カメラから外れてしまうような感じではなく、遊びが多少あるかなという程度です。

カメラ(Lumix GX7mk2)に付けるとこんな感じになります。ボディが小さい分、レンズの大きさが強調されますね。実際にレンズもマイクロフォーザーズ機に付けるには、重ため。片手で持つと前のめりになります(^ ^)。ボディのグリップ部分の小ささ仇になっている印象。カメラケース購入を検討しております。

このレンズは祖父からの頂き物で、「TAMRON | 生産終了レンズ・交換マウント一覧表」によると、1983年に生産終了したレンズになります。約34年前(2017年現在)のものになりますね。特にカビなども発生しておらず、写りは良好です(私観)。

GX7mk2 に取り付け、マニュアルレンズを使いやすくする設定をボディ側でおこない、早速、「お写ん歩」をしてまいりました。

撮影日は、風が強く、小雨や雪が降ったり止んだりの状況で、まだまだ寒かったです。

露出補正が暗めになっていたかもしれません(^ ^)、写りが暗い感じに。

私の定番「近鉄」の電車を写しました。

適当なところに「置きピン」をして、あとは連射機能を使って撮りました。電車の顔の部分に「ガチ」なピントが合っていないですね。ちなみに、絞りなどは適当です(^ ^)

通常はオートフォーカス(追従できる)を使っていますので、こちらがカメラのセッティングをしている間に、どんどん電車がきて、バタバタしてしまいました(^ ^)。

この「オレンジ」色の電車は特急です。シックな感じに写って、私的にはいい感じ。

なんの変哲もない農道。

少し、離れて、電車が長く写るように撮ってみました。なんだろう「ぼんやり」した写りですね、単にピントが甘いだけかな(^ ^)

散歩の中間地点にある公園での一枚。

よくSNSで写真を見ていると、「ベンチ」を撮っておられる方がいらっしゃるので、真似してみました(^ ^)

この写真は、iPhoneに画像転送してから、「明度」と「彩度」を私の好みに設定しております。

「で!」

「実は」

「このレンズ」、「マクロ」が付いているんですよ!

知らなくてごめんなさい(^ ^)。

先日の記事で、マクロレンズを持っていないから、「クローズアップレンズ」を購入し記事にしていたのですが、「マクロレンズ」持っていました!

結構、寄れる「クローズアップレンズ」を購入
皆様、こんにちは(こんばんは)。 最近、少し暖かくなり始め、陽気になってきた「大-はなまる」です。 今回は「ちょびっとレビュー」の記事です。 題材は、「クローズアップレンズ」。 私は「お花」の写真を撮ることが多く、「もっと寄った写真...
もう、卒業シーズンなのに、レンズ沼から卒業できない皆様、こんにちは(こんばんは)、「大−はなまる」です。私はレンズ沼に入学したばかりで、皆様のように彷徨ってはおりません(ウロウロ…。沼ってなんだろう?)(^ ^)先日、「結構、寄れる「クロー

なので、早速、私の庭の定番「花かんざし」に寄ってみました。

クローズアップレンズ2枚重ね(+7)状態よりは、寄れませんでしたが、普通に景色などを撮りつつ、寄りたい時はマクロを使うという、クローズアップレンズでは出来ない便利さに感動致しました。

なんだろう、マクロレンズ所有者に自動的(祖父にレンズをもらって)になってしまいました(^ ^)

この花の画像掲載はどうしようか迷いましたが、載せることにしました。

あまりに、真正面過ぎて「花」に「グロテスク」な感じを受けたのですが、皆様は大丈夫でしょうか?(^ ^)

いつもの「庭の梅も」マクロで。

シームレスに寄れるのは、やっぱりいいですね(^ ^)

私の勝手な思い込みだったのですが、「オールドレンズを使うと、ぼんやりした写真しか撮れない」と思っておりました。

まだまだ、このレンズ「TAMRON 35-70mm F3.5-4.5 CF MACRO BBAR MC ADAPTALL 2 09A」を使いこなすまでには至っておりませんが、当分は常時カメラに付けておくつもりです。

フイルム時代、私はカメラを持つことに抵抗がありました。単純にフイルム代や、現像、プリントアウトにお金がその都度かかるからです。しかし、レンズはフイルム時代のモノであっても、ボディさえデジタルであれば、撮り放題(^ ^)。マウントアダプターさえ適合すれば、どのレンズでも使える(制約があったりしますが)っていうのは嬉しい限りです。

おそらく、私は「うん十万」もするレンズは買うことがないと思いますので、オールドレンズは私の色々撮りたい欲を満たしてくれそうで、これからが楽しみです。

総じて、色々試すことで、理解が深まっていくのを期待しつつ、今回記事の締めとさせていただきます。

では、また。

↓↓ブログランキングに参加しております、もしよろしければ、以下のバナーをクリックして下さると嬉しいです(^^)


人気ブログランキング