Mac OS X El Capitan のインストールその後

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、OSのインストールに失敗するとか、Macが起動できないとかの記事を書きましたが、原因は、「タブメイトコントローラー」でした。

No0324

タブメイトコントローラーをUSBから抜いたら、起動できました。起動後にUSBに挿せばタブメイトコントローラーも使えます。

IMG_0410 iPhone 5c (4.12mm, f/2.4, 1/20 sec, ISO125)

タブメイトコントローラーには「オリジナルモード」と「マウスモード」の2つのモードがあって、オリジナルモードの状態だとOSが起動できないようでした。でも、このコントローラーは通電時、必ず、オリジナルモードに戻ってしまうので、今のところ、起動にUSBから抜くことにしています。

今日は、このOS起動の問題よりも、液タブ使用時の描画遅延の方が酷くて、絵日記を描くのに時間がかかりました(^^)。これはワコムのドライバー待ちなのかな。

ちなみに、クリスタのサイトで「Mac OS X 10.11(El Capitan‎)で描画に遅延を感じる場合の対処方法」というのがあったので、試してみたら描画遅延がマシになった。

新しいOSになって、気持ちはいいのですが、不安感もあるスタートになりました(^^)

では、また。

只今、販売中です(^^)

↓↓ポチって下さると嬉しいです(^^)


にほんブログ村


人気ブログランキングへ


FC2 ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする