赤い夕日が。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょうど会社からの帰り、赤くて大きな夕日が見れました。

すごく赤々と、大きな夕日でした。

何気に、口から出た曲は、船木一夫の「高校三年生」。

週に一回は、デイサービスで唄っている歌です。

私も完全に洗脳されてしまったようです(^^)

あと「青い山脈」もよくデイサービスで流れる。

先日までは、脳内を「ONE OK ROCK」が駆け巡っていたのですが、そういう景色を見たときについ口から出てしまう歌というのは、こういう曲なのでしょうか。

昭和38年の曲ですよ、私が生まれる10年前の曲。

でも、いい曲ですね。

私自身は高校三年生時分の感慨は何も無いですが、歌詞にあるような高校生活を送られた方もおられるのでしょう。

私が高校を卒業する頃は1992年(平成4年)、

GAO「サヨナラ」
ZOO「Choo Choo TRAIN」
Dreams Come True「決戦は金曜日」
長渕剛「しゃぼん玉」

とかが流行っていたようです。まだまだあるけどね。

どんどんデイサービスでよくかかる曲に、私は染まっていくのだろうな。

もう最近の流行りにはついていけない(興味がない)年頃になったようです。

さて、あしたは一応休み。

でも、夕方、会社の研修があるので行かねばならぬ。

まったくもって行きたくないわ。

でも、これも給料のうちと我慢して、

行ってまいります。

では、また。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする